真実の所在

社内SEへの転職を考える時期

私の職業は金融系のシステムエンジニアなのですが、これがかなりというか、端から見たらブラック確実の会社に勤めています。

何を持ってブラック企業というのかは、人それぞれだとは思うのですが、私は、以下のように定義しています。

・長時間労働
・低賃金
・個人の成長がない

私は少し古い人間なので、仕事はハードで当たり前だと思っていて、それが日本という国を世界で二位、三位という経済大国まで押し上げた原動力になってきたことは間違いありません。

なので、私はSEとして、毎日、夜11時まで働こうと、土日出勤をしようと、別にそれは大変だとは思うけど、苦痛だとは思わないできたのです。

確かに、給料もそれほど高くありません。
昔は残業代が無尽蔵にでていたので、それなりに給与が高かったですが、今は上限ができてしまったために、給料が頭打ちになってしまいました。

これは非常にガッカリですが、だからといって転職を考えたり、ブラック企業だと言うのは、違うと思っています。

ですが、働いて個人の成長を考えられないのは、やはりこれが一番、将来が不安になってくるのです。

仕事というのは、お金を稼ぐ為、生活する為でもありますが、自分が職業人として成長できていることを実感するのが私にとっての喜びなのです。

ですがSEという仕事は、ただの単純作業になってしまいました。
もはや、誰も顧客の為を思って、システムに創意工夫を取り込もうなんてことは考えていません。
いかに、人にミスを押し付けるか?
それだけです。

職場の空気は必然的に悪くなります。
これも無能な上司のマネジメントが原因の半分くらいを占めているのですが、彼らもまた犠牲者の一人なのです。

こんな仕事をしていたら、マネジメント力とか付くわけがありません。
リーダーシップとか必要ないですし、EQ、IQともに鍛えるような機会を与えられてこなかったのですから。。。

なので、私は転職することにしました。
SEの転職はただでさえ潰しがきかなくて難しいのに加えて、もう35歳を超えてしまったので、まともに転職市場には乗りません。

なので、知人の会社が社内SEを募集しているというので、ありがたくそれに乗っかろうと思っています。

仕事も定時で帰れる予定です。
しばらくは、自分の時間を持てる仕事をして、今までの人生をどう軌道修正するのか本気で考えなければならないタイミングにやってきた感があります。

本当はもっと若い時に決断しなくてはなりませんでした。
ですが、自分の意思が弱くてできませんでした。
元をたどればSEになった時から疑問を抱いていたので、長く迷える旅だったと思います。

ですが、諦めずに転職をきっかけとして、新しい人生に踏み出していこうと思います。
[PR]



by j2o68ppj | 2013-06-29 00:06 | 時事

世の中の真実は一体どこにあるのでしょうか?時事問題をメインに書いています。
by j2o68ppj
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

時事
日記

フォロー中のブログ

ブログパーツ

海外ドラマ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧